Vloggerの可能性

 
今回は、「Vloggerの可能性」についてまとめてみたいと思います。

いきなり「Vlogger」と言われてもピンと来る方は少ないと思います。

いわゆる、「Youtuber」に似たようなジャンルと思って頂いて構いません。

では、これから私なりの見解で、まとめてみたいと思います。

最後まで見て頂けたら、嬉しいです。

 

 Vloggerとは

VloggerとはVideo Blogger(ビデオブロガー)の略でBlogのように自分のライフスタイルを動画で発信している人々のことです。
つまり、自己発信をしている方々ですね。
 
自分の事を、昔はブログなどで文章で表現したり

写真を撮り自己表現する方がいらっしゃいました。

しかし今では、「Instagram」「YouTube」などで自分を動画として表現する方が増えています。

そして「Vlogger」はその中でも、ハイクオリティーな動画を自ら企画、撮影、編集をし

自分を表現している方がほとんどです。

 VloggerとYoutuberの違い

Vlogger   自分主体(自己投稿者)
Youtuber 相手主体(視聴者)
 
さて、「Vlogger」について軽く説明させて頂きましたが

 
ここで、よく類似とされる「Youtuber」との比較をしてみます。

有名な「Youtuber」と挙げられる。

「HIKAKIN」「はじめしゃちょー」

「フィッシャーズ」「東海オンエア」

彼らの魅力とは、何か。

Youtuberは、「テレビにできない事をやり、付加価値を付け動画を配信」
 
それと相対して、「Vlogger」の魅力とは、何か。

Vloggerは、「自己表現をし、自分をたくさんの方に知ってもらうような
ライフスタイルを発信

 インフルエンサーの需要

「Youtuber」は子供が将来なりたい職業の上位に上がっている。
それほどの影響力を持つと言われる「Youtuber」。
時代はとにかく変化し続けている。

そして現在は
過去は、WHAT(コンテンツにフォーカス)
現在は、WHO (発信者にフォーカス)
いわゆる個人の時代と言われる時代の変化が起きています。

良いコンテンツを作ったは良い。

しかし、今は有名「Youtuber」にコンテンツを宣伝してしまった方が

早く形になるという事が多い。

これからの時代は、何に投資をするべきか。

インフルエンサーの需要は日々上がっている。

影響力にフォーカスすると、自ずと何かの形で返ってくる。
「Vlog」を作り、インフルエンサーになるのも、一つの手である。