Vloggerが選ぶべきカメラ

 
今回は、Vlogを撮る際に使うカメラについて具体的な解決策を提示する記事です。
どんなカメラを使えば良いの?
カメラの性能はこだわった方が良いの?
このように困っている方は、ぜひ読んで頂きたいです。

 あなたの動画スタイルによってカメラは変わる

カメラとVlogの関係性以前に、料理の話をさせて頂きます。い
美味しい料理が作りたかったら、値段や素材の質。
ましては、調理器具にこだわる事によって。
美味しい料理ができます。
Vlogとカメラの関係性も似ています。
良い動画が撮りたいのであれば、高性能かつ高品質な物を選ぶ。
旅行先で軽く動画を撮りたいのであれば、重量が軽い機材。自撮りが簡単にできる機材。
こういった考え方があります。
まず、あなたがどんな映像を撮りたいかによっておすすめできる機材は決まってきます。

本格的なVlogを制作したい方向け

LUMIX DC-GH5

 
 
 
・ヴィーナスエンジンによる史上最高画質を実現とにかく高画質に長けたシステムを作成。
・一眼ミラーレスカメラで初めて4K60p動画の撮影が可能となった非常に滑らかな動画が撮影可能。
・手ブレ補正機能「Dual IS2」とにかく手ブレにこだわったシステムを作成。

Canon 6D Mark2

 
 
 
オートフォーカス反応速度が他のカメラと比べてズバ抜けて速いどんな瞬間でも、ピントを合わせてくれる素晴らしい機能。
バリアングル液晶で自撮りが簡単にできる見やすい液晶が付いているので、撮り直しも少ない。
・綺麗すぎる画質約2620万ピクセルの高画質。
 
以上、2つを私はおすすめします。

旅行先で軽くVlogを撮りたい方向け

GoPro HERO7 Black

 
 
 
・HyperSmooth機能(手ブレ補正機能)とにかく動画がブレない。アクションカメラの最高峰。
・広角レンズによる幅の聞いた撮影が可能 GoProにしか撮れない幅の効いた動画が可能。
・4K60fps、1200万ピクセルの基本スペック十分過ぎるスペック。他のカメラに負けない基礎がしっかり。

Dji Osmo Pocket

 
 
 
・ジンバルによる手ブレ補正カメラに標準で付いているジンバル。ブレない動画が作成可能。
・フェイストラッキング機能顔を認識し、顔を追尾してくれるカメラ機能。子供撮りに最適。
アクティブ追跡機能自己設定できる追尾機能。サッカー観戦の場合、サッカーにフォーカスしてくれる。

DJI OSMO Action

 
 
 
RockSteady機能(手ブレ補正機能)アクションカメラ史上最高の手ブレ補正機能
レンズを変更できるカメラのレンズを変更が可能。これからバリエーションが増えた場合、お化けカメラ。
 
以上、3つを私はおすすめします。
 
人それぞれ、好みがあるのでじっくり検討してみて下さい。