VloggerとYoutuberの違い

今回はVloggerとYoutuberの違いについて、まとめてみたいと思います。
日本では、それほど認知されていない「Vlogger」。
日本で認知され始め、子供の将来なりたい職業ランキング3位になるまでとなった「Youtuber」。
この違いとは、何か。

細かく解説していきたいと思います。

 

 それぞれの目的とは

「Vlogger」=日常の様子を動画で投稿している人々
「Youtuber」=企画を考え、視聴者を喜ばせる人々
上記に示した通りに、目的が全く違う事がわかります。

この他にも
「Blogger」=テキストで情報を発信する人々(ブロガー)
「Instagramer」=写真で情報を発信する人々(インスタグラマー)
こうしてまとめると、様々な媒体の情報発信者がいる事がわかります。

彼らは、発信する事に関しては

一緒であるが

媒体。目的。伝え方。これらが全て違う。

その中でも、日本の市場の中で

ブルーオーシャンなのは、「Vlogger」だと思います。

ぜひ、「Vlog」を初めてみて下さい。

 日本はビデオベースで発信するインフルエンサーが主流になる可能性大

今、Blogger(ブロガー)と聞いて、皆様はどう思われるでしょうか。

昔は、何か疑問点や困った事があったら、すぐにGoogleで検索し

文字で判断していたと思います。

そこで、ブロガー達がこぞってブログを書いて

視聴者の問題解決のために記事を書いていました。
視聴者は、問題解決
投稿者は、アドセンス報酬orアフィリエイト報酬
まさに、WIn-Winな関係ですね。

その媒体が今は、動画媒体へ移行しつつあるのは

この記事を見て下さっている方も

ピンときている方がいると思います。

疑問点や、HowTo(〜を知りたい)という時は、ほとんどの方は「Youtube」で

検索する方が増えてきてると思います。

つまりテキスト媒体から動画媒体へ移行しつつあるのが

わかると思います。

なぜ動画媒体へ移行しつつあるのか

それはわかりやすさです。
 
動画を見るだけで、問題解決ができるのが

視聴者的目線で言うと、問題解決は早い方が良いんですよね。

そこで、その問題解決の枠。テレビのお笑い的番組。商品紹介の番組。

テレビでやっている事が、「Youtube」へシフトしつつもあります。

テレビも、視聴者の問題を解決すると言う所がベースにあります。

ニュース番組やお天気番組。様々ありますが。

内容重視の方もいますが、タレントを見たいという方もいます。

そのタレントをなぜ見たいか。
それは影響力です。
その影響力がインスタグラマーや「Youtuber」にあります。

つまり、タレントの影響力が個人の媒体へ移行しつつあるという事です。

影響力があれば、アクセスが多く見込めるなど。

たくさんの良い点が見込めるという事です。

個人の影響力を持つ事で、様々な仕事に繋がる事があります。

ぜひ、「Vlog」を発信して有名になってみては、いかがでしょうか。