Vloggerはブルーオーシャンなのか

今回は、「Vlog」を発信する者たち。

つまり、「Vlogger」。

彼らの目的は、人それぞれ違う事は間違いない。

 
日常をただ発信しているだけ。
有名になりたい。
 
 
いろんな思いを持っている。

その中で、もしかしたらまだ日本では

参入している人が少ないから

今、やり始めたら有名になれるかもしれない。

そう思った方は、少なからずいると思います。

 
今回は、その部分を細かくまとめていきたいと思います。

最後まで、よろしくお願いします。

 

 既に埋め尽くされている「Youtube」業界

近年、動画コンテンツが激化し、シフトチェンジが起きている。

今の子供は、テレビを見るより

むしろ「Youtube」を見る子供が多いと言われている。

子供が将来なりたい職業ランキングにも入っている「Youtuber」。

彼らの人気の秘密は
テレビで、できない事が動画として見れる。
インターネットさえあれば、いつでも視聴できる。
以上の2つの理由があるからである。

「Youtuber」のそれぞれの目的も

きっと違う。

有名になりたい。
 
面白い動画をただ出したい。
 
広告収入が欲しい。
 
いろんな目的があるだろう。

きっと誰もが、この盛り上がっているコンテンツ「Youtuber」。

1度は、初めてみようかなと思って見た事は、必ずしもあるだろう。

しかし、企画自体が埋め尽くされた「Youtube」業界。

2017年、HIKAKIN筆頭に徐々に「Youtuber」が日本で認知され。
 
2018年、グループ系「Youtuber」やカップル系「Youtuber」。
 
様々なジャンルの「Youtuber」が参入。
 
2019年、人気ブロガーや芸能人が「Youtube」業界に参入。
 
これは、つまりレッドオーシャン化されましたと言わんばかりの状態。

特に才能や資金がない者たちには、酷な業界となってしまった。

そして、2020年には一つの企業が「Youtube」のチャンネルを持つのは

当たり前だと言われている。

人は文字で情報を判断するより

動画の方が、圧倒的にわかりやすいと言われているからだ。

動画業界からは、今後目が離せないであろう。

 違うコンテンツであれば対策できる「Vlogger」

しかし、それでも動画コンテンツで勝負がしたい。

そう思う人には、ぜひ「Vlogger」になって欲しい。
あなたのライフスタイルに興味がある人は
きっとこの世の中にいると思います。
後は、面白おかしく。オシャレな編集。可愛いテロップなど。
あなたのオリジナリティーを加え、毎日発信すれば
あなたというブランドが確立し、あなたのファンが必ず付くでしょう。
将来は、有名「Vlogger」になってしまう可能性だってあります。

諦めず、毎日投稿してみましょう。

 まとめ

いかがでしたでしょうか。

少しでも参考になったら、嬉しいです。

最後まで見てくださり、ありがとうございました。