Vlogで稼ぐ方法

 
2020年、大注目のYoutubeジャンル
「Vlog」。
「Vlog」とは「ビデオブログ」の略称で
自分の日常やライフスタイルを動画で
表現する、自己表現コンテンツ。
 
いわば、ブログの動画版と思って
頂ければ、わかりやすいだろう。
 
今回の記事は、以下の要点を解決する記事である。
  • どんな「Vlog」をYoutubeに上げれば、稼げるのか。
  • 有名な「Youtuber」はなぜ稼げるのか
 
では、紹介しよう。
 

どんな「Vlog」が稼げるのか

 
結論から言うと
「今、現在Youtube上で登録者が伸びているチャンネルをパクる」
これが一番手っ取り早いです。
 
 
「そんな事、当たり前じゃん。」
そう思う方が大半かと思いますが
意外にも、これが出来ていない人が多い。
 
 
あくまで「稼ぐ」というテーマにフォーカス
しているので
「チャンネル登録者が多い」=「稼いでいる」
これは、間違いない根拠です。
 
 
ここで1つ、オススメの「Youtuber」を紹介します。
 
こちらは、2020年大注目の「Youtuber」。
「パーカー / 大学生の日常」というチャンネルです。
 
 
こちらのチャンネルは、「普通の大学生の日常を発信する」という
ジャンルに特化したチャンネルです。
 
 
大学生の日常を知りたいという人は
この動画を見るだけで、確かめる事ができますし
 
 
見て頂けた方は、わかると思いますが
なぜか、癒されます。
 
 
このチャンネルが、なぜ伸びているのか
 
  • ジャンルを絞っている(大学生の日常)
  • ジャンルに合った動画になっている(緩いテロップやナレーション)
  • 視聴者に対して、影響を与えている(癒し)
 
この3つが原因です。
 
 
そして、この3つのテーマが
まさに、「Vlog」で稼ぐ必勝法でもあります。
それでは、具体的に説明していきたいと思います。
 

ジャンルを絞っている

 
これは、とても大事な事です。
 
 
チャンネルに統一性がないと視聴者は、
 
 
「この人何者?」
「どんな動画をあげる人なの?」
 
 
という疑問点が出てきてしまいます。
 
 
まず、チャンネル登録者を増やすには
視聴者に「チャンネル名」と「動画ジャンル」を一緒に
覚えてもらう事がとても大切です。
 

ジャンルに合った動画になっている

 
緩いテロップやサムネイルを抜け感。
 
 
ナレーションは、良いマイクを使って
視聴者にしっかり聞かせたいという感じではなく
ありのままの声を入れている工夫をしている。
 
 
例えば、この動画に
 
 
HIkakinTVのような「キラキラテロップ」
はじめしゃちょーのような「テンポあるカット」
 
 
これらを入れてしまうと、動画とジャンルに統一感がなく
視聴者がポカンとしてしまう可能性がある。
 
 
ジャンルに合わせた、動画編集はとても大切。
 

視聴者に対して、影響を与えている

 
これも非常に大切。
稼ぐには、チャンネル登録者を
増やさなければならない。
 
 
そこで大切になるのは、チャンネル登録をしたくなる
きっかけを視聴者に与えなければならない。
 
 
それは「このチャンネルの動画を見続けたい」と
思わせなければ、いけない。
 
 
ここで有名「Youtuber」が視聴者に与えている
影響についてまとめました。
 
  • はじめしゃちょー → 笑わせてくれる
  • パーカー/大学生の日常 → 癒し
  • ヒカル → 非現実な出来事を動画で見れる
 
あなたの「Vlog」コンテンツは、
 
 
視聴者に何を伝えたいですか?
 
 
これは、とても大事なテーマです。
 
 
この3つを意識して「Vlog」のチャンネルを作成しましょう。
間違い無いです。
 
※私のVlogはこちら⬇︎